2010年05月05日

生産ライン

生産ライン

職人さんへの工賃は高額でもかまわない。
仕事に見合ったコストは美しい。
安ければ善 … ?
前後の事 ── を思えば

『良くて安いものはあるが、安いものに良品なし!』
が持論。
手仕事への敬意でもある。

機械 vs 人の手
大量生産 vs ひとつづつこころを込めて。

コストがまったく違ってきます。

※ 決して手仕事至上主義ではない。
  機械加工ならでは、機械への美学もしっかり理解しています。
  最高の機械加工の製品は賞賛に値する。


大量生産、効率優先生産の価格に慣れきっている今の日本の生活では
『 低価格が “普通”と思ってしまう 』
・・・と
職人の誇りや責任、手でものをつくる人への評価(対価)を
ないがしろにしてしまいがちです。

第三の道:人の魂と手で機械と共にありながら産み出す逸品。
21世紀的・・・
そんな事を考えていたら、
まさに理想の道を現実にしている方々の働き方がありました・・・

http://gyao.yahoo.co.jp/player/00787/v09415/v0941500000000536831/
↑ ナショナルジオグラフィックチャンネル 世界の巨大工場 フェラーリ


デフレというマネーゲームの異母兄弟のような目に見えない怪物と
戦う端緒はこんな所に端緒があるのかもしれない。
車には興味がなくとも、


《 文化としてのものづくり 》
《 誇りをもったものつくり 》

どの分野にも、誰でもわかるシンプルな話し。
問題は、
やるか、やらないか。
評価(応援)としてどちらをお買い上げするか。

つくる方も。
買う方も。
熟慮のタイミングに来ているのかもしれない。
「必ず自分に返ってくる」ことも前提に・・・

ここ一ヶ月の間で、友人数人宅にて
椅子や棚に信じられないトラブルの数々を目撃しています。
安物買いの銭失い。

産み出される現場の質。
生産ラインが “どんな価値を目的” に組まれているかをイメージすれば、
後々の幸福度が計れることがわかりました。



【関連する記事】
posted by iwl_ori at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 知恵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック